このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEモデルコース > ふたりのための極上ビーチと教会めぐり「上五島&下五島2泊3日」

モデルコース

ふたりのための極上ビーチと教会めぐり「上五島&下五島2泊3日」

1泊2日の五島の旅もいいですが、せっかくならもう1泊して下五島と上五島の両方を楽しんでみませんか。「この夏はよりロマンチックな旅を!」とお考えのふたりにこちらのルートはいかがでしょう。

アクティブ度★★★★ ロマンチック度★★★★★ リゾート気分★★★★

1日目

長崎港から約1時間25分で下五島に到着[福江港着]

九州商船のジェットフォイルで長崎港を10時に出発。現地に到着して、午前中からたっぷり遊びたい人は1つ前の長崎港7時40分発、福江港9時05分着の便がおすすめ。

長崎港から約1時間25分で下五島に到着[福江港着]

港周辺でレンタカーをピックアップ[各レンタカー会社]

島内には数多くのレンタカー会社があるものの、観光客が多い夏場は台数が足りないことも。ぜひ事前にご予約を。

港周辺でレンタカーをピックアップ[各レンタカー会社]

約100年前に建立された赤レンガの教会へ[楠原教会]

50もの教会が点在する五島列島。楠原教会は洋式教会としては五島で3番目に古い明治45年(1912年)の建立。外部の赤レンガと好対照の内部の白いこうもり天井も必見です。

約100年前に建立された赤レンガの教会へ[楠原教会]

島のごちそう満載のランチバイキングへ[道の駅遣唐使ふるさと館]

獲れたての魚介や朝採れ野菜での郷土料理バイキング。五島名物の五島うどんをはじめ、約40種類の料理を用意。五島牛を満喫したい方は館内の焼肉コーナーへどうぞ。

島のごちそう満載のランチバイキングへ[道の駅遣唐使ふるさと館]

旅の記念に世界で1組のアクセサリーを[ステンドグラス工房]

色鮮やかなガラスを組合せながらペンダントやキーフォルダーなどが作れる体験工房。ふたりだけのお揃いのオリジナルアクセサリーを作ってみてはいかが。

旅の記念に世界で1組のアクセサリーを[ステンドグラス工房]

白銀色の砂浜、海の透明度に圧倒![高浜海水浴場]

ビーチ遊びは日差しが少し和らぎ始めるこの時間帯から。海の透明度と白砂の美しさを望むなら、日本の渚百選と快水浴場百選にダブルで選定されているこのビーチへ。

白銀色の砂浜、海の透明度に圧倒![高浜海水浴場]

お宿にチェックイン[島内の各宿泊施設へ]

夕食は各お宿で新鮮な海の幸を始め、大自然の中で育てられた五島牛など旬の恵みをどうぞ。

お宿にチェックイン[島内の各宿泊施設へ]

温泉&椿オイルエステで少しだけ贅沢を

島の南東に湧く褐色の湯、鬼岳温泉。「五島コンカナ王国」では立ち寄り湯も可能。館内のエステルームで行われる島の椿オイルをたっぷり使った美肌マッサージで心も体もリラックス。

温泉&椿オイルエステで少しだけ贅沢を

ページトップへ

2日目

出発前に山頂から大パノラマを満喫[鬼岳]

市街地から車で15分。青々とした芝に覆われた臼状の火山・鬼岳へ。展望台からは福江の町並み、そしてその先に広がるエメラルド色の海と点在する島々が一望できます。

出発前に山頂から大パノラマを満喫[鬼岳]

フェリーで新上五島町に出発[福江港発]

レンタカーを返却後、福江港で九州商船のフェリーに乗船。久賀島などの島々を左手に眺めつつ奈留島を経由して、上五島の中通島:奈良尾港には13時40分に到着。

フェリーで新上五島町に出発[福江港発]

島の移動はエコな電気自動車で[各レンタカー会社]

まずはレンタカーをピックアップ。一部のレンタカー会社では電気自動車も用意。エンジン音に邪魔されず、波の音や鳥のさえずりを聴きながら静かなドライブが楽しめますよ。

島の移動はエコな電気自動車で[各レンタカー会社]

デザインされたレンガの美しさに感嘆[大曽教会]

五島には赤レンガ造りの聖堂がいくつかありますが、大正5年(1916年)建立の大曽教会はそのレンガを装飾的に使っています。内部にある西ドイツ製のステンドグラスも見事!

デザインされたレンガの美しさに感嘆[大曽教会]

世界遺産暫定リスト登録の大聖堂へ[青砂ヶ浦天主堂]

大曽教会の6年前、明治43年(1910年)に建立。大曽教会、青砂ヶ浦天主堂をはじめ、上五島の多くの教会は地元の大工、鉄川与助が設計施工。年代ごとのデザインの変化にも注目を。

世界遺産暫定リスト登録の大聖堂へ[青砂ヶ浦天主堂]

お宿へチェックインして、ちょっと休憩[島内の各宿泊施設へ]

午前からの観光と船での移動、さらに上五島に上陸してからの教会めぐりとなかなか濃い一日。少し早めに宿にチェックインしてひと休み。

お宿へチェックインして、ちょっと休憩[島内の各宿泊施設へ]

夕食前に島一番の夕陽スポットへ[矢堅目公園]

オレンジ色に染まる空と東シナ海、その中に浮かぶ岩山のシルエット。ロマンチックかつ幻想的な夕景シーンを見に、島の北西部の矢堅目公園へ。

夕食前に島一番の夕陽スポットへ[矢堅目公園]

ページトップへ

3日目

涼しい午前中に上五島のNO:1ビーチへ[蛤浜海水浴場]

全長約500mの白砂のロングビーチは、沖合いまで続く遠浅の海が特徴。快水浴場百選に選ばれており、とても波静かな海はゆっくり過ごしたいふたりにピッタリ。

涼しい午前中に上五島のNO:1ビーチへ[蛤浜海水浴場]

最後のランチは名物・五島手延うどんで[五島うどんの里]

五島ならではの手延べ細麺うどん。夏場はキンキンに冷えた「冷やしうどん」がおすすめですが、汗をかきかき味わう名物「地獄炊き」も魅力的です。

最後のランチは名物・五島手延うどんで[五島うどんの里]

信徒たちが島の砂岩を切り出して建てた教会[頭ヶ島天主堂]

こちらも世界遺産暫定リストに登録。10年の歳月をかけてコツコツ作り、大正8年(1919年)にようやく完成した日本でも珍しい総石造りの教会。内部の船底型の天井も特徴です。

信徒たちが島の砂岩を切り出して建てた教会[頭ヶ島天主堂]

話題の龍馬スポットで祈りの龍馬像を[龍馬ゆかりの広場]

坂本龍馬が長崎に興した日本初の商社「亀山社中」。その仲間たちが暴風雨にあい遭難したのが潮合崎を望むこの広場なのです。龍馬もこの地を訪れ、同志たちの霊を慰めたとか。

話題の龍馬スポットで祈りの龍馬像を[龍馬ゆかりの広場]

樹齢660年の大樹をくぐって長生きに[アコウ樹]

奈良尾神社の参道をまたぐようにそびえる高さ25m、幹周り12mのクワ科の巨木アコウ。国の天然記念物に指定されています。この大樹をくぐると長生きするとの言い伝えも。ふたりでくぐればさらなるご利益があるかも。

樹齢660年の大樹をくぐって長生きに[アコウ樹]

奈良尾港を見ながらのんびりくつろいで[奈良尾温泉あし湯]

平成22年2月にできた上五島の新名所。早めにレンタカーを返して、乗船時間までゆっくりと足湯タイムを楽しんでみては。

奈良尾港を見ながらのんびりくつろいで[奈良尾温泉あし湯]

また来るね、五島列島[奈良尾港発]

九州商船のジェットフォイルで一路、長崎港へ。到着は18時20分の予定。時期によって、出発時間の変更や福江経由での運行の場合もあります。

また来るね、五島列島[奈良尾港発]

※記載の交通機関および所要時間は2012年1月時点での情報です。
 変更となる可能性がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

ページトップへ