このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME観光スポット歴史・文化 > 日島曲古墓群(ひのしままがりこぼぐん)

観光スポット

日島曲古墓群(ひのしままがりこぼぐん)

鎌倉・室町時代から江戸以降にかけての貴重な古墓群

日島曲古墓群(ひのしままがりこぼぐん)

曲遺跡は、砂礫が海流によって運ばれ形成されました。

地形的にはトンボロという砂嘴に営まれた中世から現代におよぶ墓地です。

室町時代頃と思われる宝篋印塔、五輪塔や、江戸時代以降と考えられる板碑系塔、自然石板碑、積石墓など、さまざまな種類の墓碑や墓石が曲崎と呼ばれる岬一帯に散存しています。

これほど規模が大きく、長期的にわたって営まれた墓地は県内に例を見ず、大変貴重な遺跡であり、当時の漁村・漁業基地としての繁栄を偲ぶ資料として五島史研究のみならず、民俗学的にも重要な遺跡です。

長崎県指定史跡にも指定されています。

所在地
853-2312 長崎県南松浦郡新上五島町日島郷
問い合わせ番号
0959-42-0964 (新上五島町観光物産協会)
ホームページ
『日島曲古墓群(ひのしままがりこぼぐん)』についてのホームページはこちら

日島曲古墓群(ひのしままがりこぼぐん)

日島曲古墓群(ひのしままがりこぼぐん)

目的

歴史・文化を探求する

神社・仏閣をめぐる

 

交通アクセス

若松港から車で30分

ページトップへ