このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEグルメ > 島生まれの芋焼酎

グルメ

素朴でまろやか!島生まれの芋焼酎

上五島で仕込まれる焼酎は、さつまいもの持つ独特の甘みと香りが楽しめる本格芋焼酎。五島列島はもともとお米が育ちにくい土壌といわれ、その代用としてさつまいもを栽培していました。ここの温暖な気候はさつまいも作りに適していて、とても良質なさつまいもが育つのだとか。その地元産のさつまいもを原料に丹精込めて作られる芋焼酎は、 コクがありながら優しい口当たりが評判となり、今や上五島を代表する特産品です。

原料 画像

人気の秘密は原料にあり!島で収穫されたさつまいもだけを使用

五島の豊かな自然の中で育ったさつまいもだけを使って作られる、島の芋焼酎。 使用されるさつまいもの品種は、主に黄金千貫(こがねせんがん)と紅さつま。気候などによって毎年異なるさつまいもの育ち具合を見ながら、芋の選別や蒸留法にこだわり丁寧に作られているのです。原料であるさつまいもにとことんこだわった芋焼酎は、甘くてすっきりとした味わいで飲みやすく、 女性にも人気なのだそう。作り手の熱い思いを感じるこだわりの芋焼酎、それが五島の焼酎なのです。

上五島で生まれた名焼酎「五島灘」

上五島で唯一の蔵元「五島灘酒造」。その五島灘酒造の代表銘柄「五島灘」は、上五島で収穫されるさつまいもの中でも特にでんぷん質の高い黄金千貫とよばれる品種のみを使用しています。このさつまいもは収穫後3~4日で腐りはじめてしまうためすぐに仕込まなくてはならず、9月~12月と限られた期間にしか製造できないのだとか。製造数量もさつまいもの収穫量によって決まってきてしまうのです。 こうして丹精込めて作られた「五島灘」は素朴で優しい口当たりなので、焼酎通の方から初心者の方まで幅広くお楽しみいただけます。黒ラベルの「五島灘」は黒麹、白ラベルの「五島灘」は白麹を使っています。あなたのお好みはどちら?!

上五島で生まれた名焼酎「五島灘」 画像

五島灘酒造 画像

五島灘酒造
代表銘柄:「五島灘」「五つ星」「教会の島(いのりのしま)」
住所:南松浦郡新上五島町有川郷1394-1
TEL:0920-42-0002
詳しくはこちら

線

五島焼酎のおともはこれ!

五島焼酎のおつまみには、やっぱり上五島で獲れる食材を使ったものがおすすめ。なかでも古くから伝わる郷土料理「かっとっぽ」は、芋焼酎との相性が抜群の逸品。「かっとっぽ」はハコフグの味噌焼きのことで、四角のハコフグをひっくり返し、お腹の中に味噌とみりんと薬味を入れて炭火でじっくりと焼いたもの。フグの身や白子を味噌に混ぜて味わうととっても美味なのです。また海の幸が豊富な上五島ならではの新鮮なお刺身もはずせないおつまみ。 水揚げされたばかりのプリップリの極上ネタと一緒にいただくと、焼酎もグイグイすすんじゃいますよ!

かっとっぽ 画像

刺身 画像

ページトップへ