タイラバって????????-1

タイラバって????????

今話題のタイラバ。タイラバとは??場所の名前?魚の名前?

釣り初心者🔰女3人

5月某日。
釣り初心者の女3人で『タイラバ』に行くことに。

『タイラバって何?』状態の3人でしたが、
船に乗れる♪とウキウキしながら
矢堅目近くの、冷水港へ向かいました。

出航!絶景を眺めながら釣りスポットへ


今回、お世話になったのは、第三哲丸 遠山船長!
とってもやさしくて面白いお方です。

冷水港に到着後、
ライフジャケットをお借りし、いざ出発!
間近でみる矢堅目は大迫力!いつも見ている矢堅目の裏側も見れて新鮮。

最初のスポットまで、15~20分、ボーッっと
海と山を眺めて癒されました~

ついにタイラバ登場!

スポットに到着すると、船長さんが釣りの仕掛けを作ってくれます。

ここで登場するのが『タイラバ』という仕掛けです。
(タイラバとは仕掛けの名称でした…)

沢山の色・デザインの中から、
ヘッド・スカート・ネクタイと呼ばれる部品をそれぞれ選びます。(写真参照)
船長さんいわく、もうこの時点で釣りは始まっているらしい。。。

好きな色で選んでも良し、直感で選んでも良し。
それぞれ選び、船長さんに組み立ててもらいます。

エサはありません。なので手も汚れないし、臭くもなりません!
これは女性にはうれしいポイント★
 

ビギナーズラック?!

タイラバを作ってもらったら、いよいよ海に投入!
タイラバが海底につくまで落とします。
海底60m~70m。

ふか~くまで落とします。

下についたら、それをゆっくり一定速度で巻くだけ。
30回程度リールを巻いても何の感触もなければもう一度、海底に落とす。
また巻く。。。落とす。。。の繰り返しです。

釣竿の操作が心配でしたが、一連の流れを1度教えてもらえば、簡単に操作できました♪


そして、タイラバ最大のポイントは、アタリが来ても一定速度で巻きつづけること。

焦って引っ張ったり、巻く速度が速くなると、しっかり真鯛が食いついてくれないそうです。
 

Column

初心者3人の釣りの成果-1

初心者3人の釣りの成果

この日は曇りで、波がなく、釣りには決していい条件ではない。。。

果たして釣れるのか!?

★釣れたかどうかは下の動画からチェックしてみてください(#^^#)

コチラから

初心者でも楽しめるけど奥が深いタイラバ

初のタイラバ。はじめは不安もありましたが、船長さんが
仕掛けをつけてくれたり、釣れた魚を外してくれたり、何から何までサポートしてくれました!
船上に簡易トイレもあるので安心♪
タイラバとは何かわかっていなかった初心者でも楽しい時間を過ごせました。

初心者はもちろんですが、
タイラバの色や巻き上げる速度などで差が出ることもあり、
シンプルだからこそ奥が深い!と、釣り上級者の方達にも人気だそうです!
上五島では年間を通して天然の真鯛が釣れ、季節によっては高級魚のキジハタやアオハタが狙えるそう!
釣り好きな人と、釣り初心者とが一緒に楽しめる遊びです!
これからのシーズンだとお子様との夏の思い出にもぴったりです!

そして何より、海と山に囲まれて、潮風を肌に感じながらリフレッシュできますっ!
 

Column

船上船釣り体験-1

船上船釣り体験

船釣りを通して自然豊かな上五島の美しい景観をご覧ください。

3時間/6時間
冷水港、青方港
1~7名様
出航日2日前、9:00~17:00に予約
詳しくはコチラをご覧ください。

詳細・ご予約
SOCIAL NETWORKING SERVICE
facebook