崎浦の五島石集落景観 (重要文化的景観) さきうらのごとういししゅうらくけいかん

新上五島町崎浦地域(赤尾・友住・江ノ浜・頭ヶ島)の海岸線には五島層群に属する砂岩質の堆積岩が露頭しており、数多くの採石場跡が確認できます。その採石場跡に隣接する集落には石工が居住しており、生活空間における五島石の多様な活用のあり方は石材業の繁栄を現在に伝えるとともに、崎浦地域の独特の景観をつくり出しています。これらの特徴的な石文化が残る景観が、日本国民共通の財産として評価され、平成24年(2012)9月19日に国の重要文化的景観に選定されました。
中でも、石畳のふるさとと呼ばれる友住には古い石畳や石塀が多く残されています。
昔は、友住地区の道全体が石畳で構成されていたそうですが、水道工事や道の拡幅工事などによって、石畳が取り除かれ、ほとんどがアスファルトやコンクリートにかわっています。現在、写真の路地だけが残されており、又、塀や家の土台などにも石が綺麗に積まれています。石の積み方も年代によって違っているそうです。


エリア
有川エリア
カテゴリー
自然・景観

基本情報

住所 長崎県南松浦郡新上五島町友住郷の全域及び赤尾郷、江ノ浜郷の一部

ここから近い観光スポット

ここから近いグルメ情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

SOCIAL NETWORKING SERVICE
facebook