このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEモデルコース > 夏休みの自由研究も解決!「新上五島町探検1泊2日」

モデルコース

夏休みの自由研究も解決!「新上五島町探検1泊2日」

五島列島の北部にある新上五島町。美しい海はもちろん、世界遺産候補の教会群をはじめ、島ならではの歴史や文化も魅力です。夏休みの自由研究にも絵日記ネタにも事欠かない1泊2日の旅をどうぞ。

ファミリー度★★★★★ お勉強度★★★★★ アクティブさ★★★★

有川港着各レンタカー会社五島うどんの里島内の海水浴場にてお宿へ坂本龍馬ゆかりの地頭ヶ島天主堂冷水教会矢堅目の駅物産館青砂ヶ浦天主堂鯨賓館ミュージアム有川港発

1日目

五島産業汽船の高速船で中通島へ[有川港着]

新上五島町最大の島、中通島へ。
上陸する有川港へは、佐世保港から高速船「ありかわ」で約1時間25分。

五島産業汽船の高速船で中通島へ[有川港着]

電気自動車をピックアップ[各レンタカー会社]

港付近のレンタカー会社では電気自動車(EV)も取り扱っています。環境にやさしく、パワーも十分、乗り心地も快適!島内移動にぜひお試しを。

電気自動車をピックアップ[各レンタカー会社]

ランチは名物・五島手延うどん[五島うどんの里]

日本三大うどんの1つ、五島手延うどん。自然塩を入れて仕込み、椿油などで丁寧に手で延ばした手作りうどんです。夏は冷やしうどんで、そのコシとつるりとした舌触りをご堪能あれ!

ランチは名物・五島手延うどん[五島うどんの里]

シュノーケリングやシーカヤックで冒険気分![海のスポットにて]

午後からはマリンスポーツに挑戦。コバルトブルーの海の中を覗くシュノーケリング、海上から望む島景色も必見なシーカヤックなど、現地では多彩な体験メニューを用意。

シュノーケリングやシーカヤックで冒険気分![海のスポットにて]

お宿へ

各お宿にて新鮮な海の幸や旬の食材を使った夕食をたっぷりどうぞ。

お宿へ

2日目

亡くなった志士をしのぶ人々が訪れる[坂本龍馬ゆかりの地]

坂本龍馬が購入した練習船ワイル・ウエフ号は、大暴風雨にあい遭難。龍馬は五島に渡り、同志の霊を慰め祀ったといわれています。

亡くなった志士をしのぶ人々が訪れる[坂本龍馬ゆかりの地]

天井や壁面の花柄の装飾が美しい[頭ヶ島天主堂]

西日本で唯一、全国的にも極めて珍しい石造りの教会。島内で切り出した石を丹念に積み上げた外観は重厚感にあふれています。

天井や壁面の花柄の装飾が美しい[頭ヶ島天主堂]

ランチを済ませて、冷水教会へ[冷水教会]

明治40年(1907年)に建てられた木造様式の「冷水教会」。教会内部のこうもり天井の精巧さ、優美さはもちろん、教会から望む静かな奈摩湾にも心を奪われるはず。

ランチを済ませて、冷水教会へ[冷水教会]

昔ながらの塩作りを見学[矢堅目の駅物産館]

五島近海の新鮮な海水を薪で炊き上げ生成する自然海塩。その作業シーンが見られるだけでなく、できた自然海塩は隣の物産館で購入も可能。五島土産にぜひ!

昔ながらの塩作りを見学[矢堅目の駅物産館]

ステンドグラスが神秘的な教会[青砂ヶ浦天主堂]

誕生は明治11年(1878年)だが、現在の建物は明治43年(1910年)のもの。国指定重要文化財に認定されているこの教会は、平成19年(2007年)には世界遺産暫定リストにも登録されることになりました。

ステンドグラスが神秘的な教会[青砂ヶ浦天主堂]

珍しい捕鯨の歴史も学べる[鯨賓館ミュージアム]

捕鯨の歴史と文化を持つ上五島。館内には明治末期まで有川湾で行われていた鯨漁に関する数々の資料を展示。マッサージチェアで寛ぎながら楽しめるミニシアターもあります。

珍しい捕鯨の歴史も学べる[鯨賓館ミュージアム]

五島産業汽船の高速船で出発[有川港発]

電気自動車を返却して有川港へ。佐世保港への到着は17時25分を予定。また、16時35分発のフェリーの場合は佐世保着19時10分頃に。

五島産業汽船の高速船で出発[有川港発]

※記載の交通機関および所要時間は2012年1月時点での情報です。
 変更となる可能性がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

ページトップへ